採用について

育成について

当院には病棟、外来、透析室、カテ室の4部署があります。看護・技術習得のため、新人看護師のみなさまには、まず病棟に入っていただきます。指導体制はプリセプターシップを採用しています。プリセプターは1年間、新人看護師の全般的な支援をおこなっています。患者様の看護や接し方、技術面では日々の業務の中で先輩看護師がみんなで指導し、チームで新人看護師を支えます。

厚労省の「新人看護師ガイドライン」に沿って、看護師としての姿勢・看護技術・管理面の習得状況を、定期的にプリセプターとプリセプティーで確認しあい、新人看護師の成長に合わせた指導をおこなうように心がけています。

新人看護師の1年間の到達目標

職業人としての基本的な姿勢

患者様への話し方・言葉遣い

病院の機能と役割を理解

感染対策・医療安全対策の知識習得と実践

看護の基礎知識・基礎技術の習得

各部署の特徴を理解しチームの一員になる

循環器疾患・腎臓内科疾患・透析
カテーテル検査、治療、心臓リハビリテーション
の知識習得

職業人としての基本的な姿勢

患者様への話し方・言葉遣い

病院の機能と役割を理解

感染対策・医療安全対策の知識習得と実践

看護の基礎知識・基礎技術の習得

各部署の特徴を理解しチームの一員になる

循環器疾患・腎臓内科疾患・透析
カテーテル検査、治療、心臓リハビリテーション
の知識習得

既卒者は、卒業年数や経験・離職期間によって、入職前に教育方針を決めています。卒後年数が2年以内の看護師は、新人看護師と同じような教育体制で指導しています。
循環器・透析経験がない場合や、ブランクがある既卒看護師に関しては、プリセプターシップを採用し、プリセプターとチームで知識の習得・看護・技術を指導し、支える体制をとっています。指導方針は配属部署ごとにお任せしています。

看護協会や、その他循環器・透析の専門看護師としての知識の向上、看護師として患者看護の質の向上に関する知識、救命に関する技術の習得のための研修参加を積極的に支援しています。研修によっては、一部参加費の援助もおこなっています。

・1年に1回、他部署交流を兼ねたグループワーク研修を開催しています。テーマは日々の業務や看護に関することから選択し、グループで話合った内容は、その後の看護に生かせるよう共有しています。
・自由参加で疾患や看護に関する勉強会を定期的に開催しています。
・院外の講師を呼び、褥瘡管理や認知症看護などの講習会を開催しています。

残業が少なく、休み希望、有休が取りやすいです。子育て中でも働きやすく、仕事と家庭を両立させて働くママさんナースが多いです。仕事の悩みはもちろん、育児・家庭の悩みも相談できるアットホームな環境です。(外来勤務)

卒後1年目で中途入職し、透析室へ配属になりました。看護師として第一歩を踏
み出したばかりですが、プリセプター制度があり、わからなことはすぐ相談できる環境です。日々、先輩のサポートを受け、穿刺・返血等の技術面に加え、体重管理・食事・服薬指導も行っています。今後も学ぶことはたくさんありますが、少しずつ経験を重ねスキルアップしていきたいと思います。(透析室勤務)

今年、新卒で入職しました。プリセプターを始め先輩たちから指導を受け、
日々の業務に少しずつ慣れてきました。病棟は、多職種との連携が密に取れ
おり、患者さんから感謝の投書をたくさん頂いています。
地域に根付いた医療が行えており、最近は、自分も少しずつ貢献できるよう
になり嬉しく思っています。(病棟勤務)

PAGE TOP